Eclipse 4.7 Oxygen に Eclipse Foundation から Plug-in を 追加

前回 Eclipse 4.7 Oxygen を インストール しました. インストールしたのは Eclipse IDE for Java Developers の パッケージになり、HTML や CSS などの Web 開発を行うには Plug-in を 追加する必要があります. 今回は Web 開発系 の Plug-in 他、Eclipse Foundation が 提供している Plug-in を 追加します. (3rd Party の Plug-in は 別途)

作業環境

  • Windows 10 64bit
  • Java SE Development Kit 1.8.0_141
  • Eclipse 4.7 Oxygen

Plug-in の 追加手順

Eclipse の メニューから [ヘルプ] - [新規ソフトウェアのインストール] を クリックします.

インストールする Plug-in の 選択画面が表示されるので、[作業対象] に [–すべての使用可能なサイト–] を 選択します.

少しするとインストールできる Plug-in の 一覧が表示されるので、インストールする Plug-in に チェックします.
今回は以下の Plug-in を 選択しました.

  • [コラボレーション] - [動的言語ツールキット - Mylyn 統合]
  • [コラボレーション] - [Eclipse GitHub 統合 (タスク・フォーカス・インターフェース)]
  • [Web, XML, Java EE および OSGi エンタープライズ開発] - [Eclipse Web 開発者ツール]
  • [Web, XML, Java EE および OSGi エンタープライズ開発] - [JavaScript 開発ツール]

インストールする Plug-in の 確認画面が表示されるので、[次へ] ボタンをクリックして進めます.

ライセンスの確認画面が表示されます. 内容を確認し同意できたら [使用条件の条項に同意します] を 選択し、[完了] ボタンをクリックします. 同意できなかったら、残念ながら終了です…

Plug-in の ダウンロード と インストールが行われます. インストールが完了すると再起動の確認ダイアログが表示されます. 特に問題なければ [今すぐ再起動] ボタンをクリックします.

[いいえ] を 選んで Eclipse を自分で終了した場合は、次回 eclipse.exe -clean.cmd で 起動します. 日本語化 Plug-in の Pleiades を 正しく機能させるためには Plug-in を 追加した後はクリーンアップ起動する必要があります.

いずれにしても Plug-in 追加後の起動で、下図のような「キャッシュのクリーンアップ中」の スプラッシュが表示されないで起動した場合は Plug-in の 機能 および 日本語化が正しく行えていない場合があるので、 eclipse.exe -clean.cmd で 起動しなおします.


HTML や CSS、JavaScript などは Atom や Visual Studio Code といった高機能エディタで開発する流れもあり、また サーバサイドは Web API に することも多く、Eclipse で HTML/CSS/JavaScript を コーディングするシーンが減ってくるのかなとも思いますが、Plug-in を 入れておくとハイライトしてくれたりと、何かと便利なので入れています. 設定については次回にて.