Eclipse 4.7 Oxygen の 設定 - JavaScript編

今回は、Eclipse 4.7 Oxygen の JavaScript に 関する設定を行っていきます.
引き続き各種設定については、お好みがあると思います. ご参考になれば.

作業環境

  • Windows 10 64bit
  • Java SE Development Kit 1.8.0_141
  • Eclipse 4.7 Oxygen

設定

まずは、いつも通り Eclipse の メニュー から [ウィンドウ] - [設定] を クリックし、設定ウィンドウを表示します.

[JavaScript] - [エディター] - [入力]

  • セミコロン: チェック
  • 波括弧: チェック
  • 文字列リテラルへの貼り付け時にテキストをエスケープ: チェック

なるべく自動でやってもらった方が楽なので…

[JavaScript] - [エディター] - [保管アクション]

  • 保管時に選択したアクションを実行: チェック
  • 追加アクション: チェック
  • [構成] ボタンをクリックし、以下を追加
    • コード・スタイル - if/while/for/do ステートメントでブロックを使用 - 常時
    • コード・スタイル - 条件を括弧で囲む - 必要な場合のみ
    • 不要なコード - 未使用のローカル変数を除去
    • 不要なコード - 不要な ‘$NON-NLS$’ タグを除去
    • コード編成 - 末尾の空白を除去 - 全ての行

こちらも Java編 同様、処理を自動化して楽になるように設定します.

[JavaScript] - [コードスタイル]

  • 新機関数と型のコメントを自動的に追加: チェック

JSDoc の テンプレートが自動で入ってくれるので便利です.

[JavaScript] - [コードスタイル] - [フォーマッター]

[新規] ボタンをクリック

[JavaScript] - [コードスタイル] - [フォーマッター] - [新規プロファイル]

プロファイル名に任意の名称 (ここでは Formatter) を 入力し、[OK] ボタンをクリック

[JavaScript] - [コードスタイル] - [フォーマッター] - [Formatter プロファイル]

  • タブ・ポリシー: スペースのみ
  • インデント・サイズ: 2

Java エディター の タブ設定同様で、ここで設定しないとタブが入力されます. 要注意です. またインデント・サイズ は Google の JavaScript Style Guide の “Each time a new block or block-like construct is opened, the indent increases by two spaces. - 4.2 Block indentation: +2 spaces“ に 習って 2 にしました.

[JavaScript] - [バリデーター] - [JSDoc]

  • 誤った形式の Jsdoc コメント: 警告
    • タグ内のエラーをレポート: チェック
  • 未指定の Jsdoc タグ: 警告
  • 未指定の Jsdoc コメント: 警告

厳しく設定します.

[JavaScript] - [バリデーター] - [エラー/警告]

  • JavaScript セマンティクス検証を使用可能にする: チェック
  • 次の JavaScript バリデーター・オプションの問題重大度レベルを選択: 以下を除き すべて 警告
    • 外部化されていないストリング: 無視

厳しく設定します. この手のものは習慣なので、厳しく設定したとしても習慣化されれば気にもならなくなるので、むしろ設定しておいた方が楽ですね.

[JSON] - [JSON ファイル] - [エディター]

  • 行の幅: 999
  • スペースを使用したインデント: チェック
    • インデント・サイズ: 2

JSON は データの表現なので行の幅を縛るより、ありのままで表示してほしいので 行の幅 を 999 に しました. またインデント・サイズは JavaScript の コードに合わせて 2 に しています.

[JSON] - [JSON ファイル] - [検証]

  • 構文検証を使用可能にする: チェック
  • スキーマ検証を有効にする: チェック

チェックはしてもらった方が良いので、有効にします.


Java 程ではありませんでしたが、設定項目は多めでした. だいぶ設定ができてきました.