Eclipse 4.7 Oxygen の 設定 - Web/XML編

Eclipse 4.7 Oxygen の 設定も大詰め、Web/XML の 設定になります. ここはエディターの設定を少し変えたいぐらいになります.
大きくは、インデントを Google の HTML/CSS Style Guide の “Indent by 2 spaces at a time. - 2.2.1 Indentation“ に ならって設定したところと、XML の 検証が無効になっているので有効にします.

また行の幅を 999 に しています. 私は HTML や XML の タグは折り返したくないというがあり、最長の設定にしています. ここはチームによってかなり温度差がありそうです. 周りとよく相談のうえで設定が必要ですね.

作業環境

  • Windows 10 64bit
  • Java SE Development Kit 1.8.0_141
  • Eclipse 4.7 Oxygen

設定

まずは、いつも通り Eclipse の メニュー から [ウィンドウ] - [設定] を クリックし、設定ウィンドウを表示します.

[Web] - [CSS ファイル] - [エディター]

  • 行の幅: 999
  • スペースを使用したインデント: チェック
  • インデント・サイズ: 2

[Web] - [HTML ファイル] - [エディター]

  • 行の幅: 999
  • スペースを使用したインデント: チェック
  • インデント・サイズ: 2

[XML] - [XML ファイル] - [エディター]

  • 行の幅: 999
  • スペースを使用したインデント: チェック
  • インデント・サイズ: 2

[XML] - [XML ファイル] - [検証]

  • 文法指定なし: 警告 (必要に応じて 無視)
  • マークアップ検証を使用可能にする: チェック

ここは、あまり設定項目がなかったので簡単に終わりました. 残すは 3rd Party の Plug-in 導入と設定になります. もう一息.